俳優DE映画検索

あの人はどんな映画に出演している?俳優別主演映画まとめサイト。

アル・パチーノ主演映画

      2016/02/18

0212alpacino

アル・パチーノ。
とても有名な映画俳優ですが、彼の生い立ちはとても貧しいものであったそうです。
若いころはアルバイトを渡り歩き、一時はオーディションへ行くためのバス代も出ないほど貧困に喘いでいたそうですが、次第にそこでもあきらめなかった努力が報われ、俳優として徐々に活躍していきます。

彼のエピソードで有名なのが、役作りのために作品のモデルとなった実存する人物と三週間共に生活をしたり、また対照的にモデルとなった人物とは全く関心を向けず、脚本を徹底研究、独自に役を作り上げる、という手法をとったりしていた、というものがあります。

そんなパチーノのインタビュー中の台詞として有名なのが「どの役が一番自分に似合うということはない。すべて私の一部なのだ。」というものです。
そんな役作りに格別な熱を向ける彼の作品を紹介していきましょう。

・ゴッドファーザー

0213

男の信念と守るべきものは何たるか、ああゴッドファーザー。
映画「ゴッドファーザー」、言わずとも知れた超名作です。

ゴッドファーザー、その由来通りマフィアのボスであるドン・コルレオーネ、彼は家族を守るために組織を作り、家族を守るために犯罪を起こし、それでも家族は守った堂々たる父親であった。
しかし、そんな偉大なる父は自分は守れなかった、襲撃され、それを聞きつけた息子マイケル。
彼は父のように組織を守れるのか、そして家族は守れるのか。
男になれるのか。

パチーノはこの作品にて息子役、マイケルを演じ、結果、アカデミー新人賞、助演男優賞を賞され、見事その演技力が認められることとなりました。

・セント・オブ・ウーマン

0214

動かない瞳と揺れ動く心、そこに漂う香りは夢のよう。
「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」は純然たるヒューマンドラマ、美しき友情を描いた作品です。
盲目の男フランク・スレード中佐、彼は人生を悲観していました。
ふて腐れて、こんな人生なんて、と、孤独に生きていました。

そこで中佐が出会ったのは青年、チャーリー。
彼はとても心優しい青年で、でも残酷にトラブルを抱えており、人生の選択を迫られている。
そんな二人がひょんなことから触れ合い、希望が徐々に生まれていく。
この作品でパチーノの瞳を全く動かさない凄まじいその演技力が評価され、彼はアカデミー賞主演男優賞を見事受賞することができました。

実は彼、この頃は人気低迷機により一度俳優業を離れ、そして再度戻ってきた頃でした。
かねてより望んでいた主演男優賞にパチーノはとても喜んだそうです。
彼はその後は俳優業を離れることなく次々と演じ続けました。

・その他主演作品

・ヴェニスの商人… 差別されるユダヤ人の苦しさを演じた。

 

・リチャードを探して
…監督、脚本、主演を務め、ドキュメンタリー作品を作り上げた。

0216

 

ゴッドファーザー依頼、ロバート・デ・ニーロと共演を果たした「ヒート」にて正義漢な警部を演じました。
そんな彼は現在75歳ですが、まだまだ引退を知らず、2015年現在でも映画に出続け、2014年にはゴールデングローブ賞にて演技賞をも受賞しています。
まだまだファンを楽しませてくれることでしょう。

 - 外国人俳優