俳優DE映画検索

あの人はどんな映画に出演している?俳優別主演映画まとめサイト。

金城武主演映画

   

0377kaneshiro-takeshi

金城武(かねしろ たけし)は日本国籍を持つ台湾出生の映画俳優です。
日本人の父と台湾人の母の間に生まれた為、このような戸籍になっています。
芸能界へデビューしたのも台湾が最初で、清涼飲料水のCMにスカウトで起用されたことが始まりです。
ちなみに金城武はこの頃、高校生でした。

高校卒業後は歌手としてデビューをしました。
台湾では爆発的な人気を誇るアイドルとなり、台湾四小天王の一人に数えられるほどでした。
日本語、台湾語の他に、広東語、中国語、英語に通じており、五ヶ国語に堪能というアドバンテージを生かし、広く活躍しています。

・天使の涙

0371

超実力派監督との二度目の共演。
映画、「天使の涙」は金城武が主演を果たした、台湾映画です。

殺し屋とそのエージェントの愛憎の混じった関係、破壊、裏切り、退廃。
それと対比して描かれる失語症の青年の成長物語、愛する者の死、失恋。
二つの物語は最後の最後で絡み合う。

この映画で金城武は失語症の青年を演じ、映画の大盛況の一躍を担いました。
失語症の青年を演じながらも、殺し屋の生臭さ、悲痛さと対比するためにコミカルなキャラクターとして演じきった金城の演技は、彼自身によるアドリブの功績も大きいそうです。
また、金城はこの映画の活躍が気に入られ、アジア人初のプラダのワールドキャラクターとして選ばれました。
彼にとってこの出来事は、アジアから飛び出しワールドワイドに活躍するための大きな契機となりました。

・K-20 怪人二十面相・伝

0373

帝都東京に現るるは怪人の影か。
「K-20 怪人二十面相・伝」にて金城は日本の映画で主演を果たしています。
この映画は架空の世界が舞台で、第二次世界大戦が回避され、華族制度により極端な格差社会が生まれているという世界観となっています。

帝都と呼ばれる東京では怪人二十面相が富裕層を狙う犯罪を繰り返していて、金城演じるサーカス団で働く遠藤平吉が怪人二十面相に騙され、彼の替え玉として仕立てられたために警察に追われる羽目となった。平吉は疑いを晴らすべく、自らも二十面相になり本物の二十面相と対決することになる。

金城はこの映画の共演者である松たか子を大変慕っており、撮影中にヒロイン役であるウェディングドレス姿の松たか子を金城がおんぶするシーンがありました。
当時金城武は足をけがしており、代わりのスタントマンが代わってくれると言ったものの、松たか子をおんぶしたくてその申し出を拒否した、というエピソードがあります。

・その他主演映画

・レッドクリフ PartⅠ・Ⅱ… 諸葛孔明を演じています。

 

・リターナー
…闇の取引業者を狙う孤児育ちのミヤモト役。

0374

 

・スペーストラベラーズ
…立てこもり強盗犯の西山保役。

0375

この映画では、渡辺謙さんも出演しています。
渡辺謙さんの主演映画についての記事はこちら

 

2016年現在、42歳である彼ですがまだまだ芸能界を引退することはなく、2010、2011、2012、2013年と映画出演のない年が続く事もありましたが、2015年も「太平輪Ⅱ」にての出演が決定しています。
CM等の広告媒体の仕事も多く、渋さの入った演技がこれからも楽しみですね。

 - 日本人俳優