俳優DE映画検索

あの人はどんな映画に出演している?俳優別主演映画まとめサイト。

宮崎あおい主演映画

   

出典:prcm.jp

出典:prcm.jp

宮崎あおい(みやざき あおい)は4歳のときに子役としてデビューして以来役者としての経験を積んでいき、2001年の青山真治監督作の「EUREKA ユリイカ」において本格的な映画デビューを果たしました。

そして2002年にはベネチア国際映画祭に出品された「害虫」に出演し、三大陸映画祭の主演女優賞を受賞しました。
その後は2005年の矢沢あいの人気漫画を映画化した作品「NANA」、また2006年にはNHK連続テレビ小説「純情きらり」のヒロイン役桜子を演じその知名度を上げていきます。

さらに2008年のNHK大河ドラマでは、史上最年少となる22歳で「篤姫」主演に抜擢され、その人気をさらに高めていきます。
この大河ドラマでは高い視聴率をあげ、若手演技派女優としての地位を確実なものにしていきます。

映画作品では2008年の「闇の子供たち」、同年の「少年メリケンサック」、また2010年の「ソラニン」、2011年の「ツレがうつになりまして」と多彩なジャンルの作品に出演しています。

・天地明察(2012)

出典:blog.goo.ne.jp

出典:blog.goo.ne.jp

2010年に本屋大賞を受賞した冲方丁の小説を映画化した作品であり、長い年月をかけて日本独特の太陰暦を作成していく天文暦学者、渋川春海(安井算哲)の姿を描いています。

時代は江戸時代前期、算術や星に興味を持っていた安井算哲は徳川家に仕え、4代将軍家綱の後見人保科正之から目をかけられます。
算哲は保科より新しい暦を作成するよう命じられ、一大計画の責任者として任命されました。

宮崎あおいは算哲(岡田准一)を助け支える妻えんを演じていて、それがとても魅力的な女性であります。

・きいろいゾウ(2013)

出典:prcm.jp

出典:prcm.jp

「円卓」などで知られる作家、西加奈子の小説を映画化したラブストーリーであり、宮崎あおいと向井理が夫婦役で初共演しています。

妻利愛子(ツマ:宮崎あおい)は、背中に大きな鳥のタトゥのある売れない小説家無辜歩(ムコ:向井理)と出会ってすぐに結婚します。

ムコとツマは田舎で仲むつまじく暮らしていましたが、ある日1通の手紙が届いたことがきっかけで、二人の気持ちは揺らぎ始めていきます。それはムコの過去に関係していたのでした。

宮崎あおいさん演じるツマは、何とも言えないほのぼのした雰囲気でとても和まされます。

・その他主演映画

・ペタル ダンス(13)… この作品はジンコ(宮崎あおい)とその大学時代の仲間たちが、旅のなかで人生を見つめなおしていくさまを描いたロードムービーです。

 

・神様のカルテ2(14)
…夏川草介のベストセラー小説を映画化した作品であり、医療ヒューマンドラマの「神様のカルテ」の続編になります。内科医栗原一止が勤務している本庄病院に、エリート医師、進藤辰也が赴任しさまざまな出来事が起こります。一止の妻で山岳写真家榛名を宮崎あおいが演じています。

出典:blog.livedoor.jp

出典:blog.livedoor.jp

・舟を編む(13)
…2012年に本屋大賞で第1位となった三浦しをんの作品を映画化したものです。とある出版社の辞書編集部が舞台となっており、新しい辞書づくりに専念する人たちの姿を描いています。宮崎あおいは編集部光也を応援する板前見習いの林香具矢役を演じています。

出典:blog.goo.ne.jp

出典:blog.goo.ne.jp

宮崎あおいこれまで多くの作品に出演してきており、今後もその活躍が期待されます。
2016年には、宮崎あおいさんが出演する作品が3本も公開予定であり、楽しみな年になりますね。

・宮崎あおい出演 2016年公開の新作

・世界から猫が消えたなら… 2016年5月公開。原作川村元気「世界から猫が消えたなら」の映画化作品で、佐藤健さんと共演します。

 

・バースデーカード
…2016年10月公開予定の作品で、橋本愛さんと親子の役で出演します。

出典:gforum.jp

出典:gforum.jp

出典:gforum.jp

出典:gforum.jp

・怒り
…2016年秋公開予定の作品で、宮崎あおいさんは渡辺謙さんと親子の役で出演するようです。

出典:natalie.mu

出典:natalie.mu

 - 日本人俳優