俳優DE映画検索

あの人はどんな映画に出演している?俳優別主演映画まとめサイト。

本木雅弘主演映画

   

出典:www.crank-in.net

出典:www.crank-in.net

本木雅弘(もとき まさひろ)はジャニーズ事務所のシブがき隊のメンバーで通称もっくんと言えば、知っている方は多いはずです。
1982年から1988年に掛けてシブがき隊で歌手として活動しましたが解散後に本格的に俳優活動を開始しました。
しかし実は、俳優としては1981年にTBSドラマでデビューをしていたようです。

解散後の俳優活動の翌年、ファンシイダンスで映画初出演を果たします。
この映画では坊主頭で挑み、今までのアイドルとしてもイメージが覆った演技を見せました。

映画俳優として有名になった作品は「シコしんじゃった。」「おくりびと」が有名です。
実はこの「おくりびと」は企画を自ら持ち込み主演をつとめ、アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、また埼玉県民栄誉賞まで受領しています。

・おくりびと

出典:laughy.jp

出典:laughy.jp

プロのチェロ奏者として働いていた小林大吾(本木雅弘)はある日突然職を失い、ひょんなことから納棺士として働きます。
人の死を送り出す仕事に誇りをもって美として描いた映画です。

プロのチェロ奏者として管弦楽団に職を得ていた小林大吾はある日突然、楽団が解散してしまいいきなり職を失ってしまいます。
チェロ奏者は昔からの夢だったが現実を受け止め、妻と田舎へ帰り、就職先を探すことにしました。
そこで就職先は新聞の求人広告を見て探すことになります。

「旅のお手伝い」と書かれた求人広告に、大吾は旅行代理店の求人であると思いこみ、労働条件も良かったため面談をすることにしました。
そして面談を受け簡単に採用をもらいますが、実はその業務内容は納棺という仕事で御遺体を棺桶に収め、家族とお別れをするための「おくりびと」という仕事だったのです。

・シコふんじゃった。

出典:laughy.jp

出典:laughy.jp

卒業をするために、単位と引き換えに渋々弱小相撲部に入ることになった山本秋平(本木雅弘)が、相撲の良さにはまっていく様をコミカルに描いた映画です。

一流企業に就職が決まっていた大学生の秋平は、卒業に必要な単位が足りませんでした。
そこで、指導教員に相談をしたところ、単位を与える条件として相撲部の助っ人として大会に参加することを条件として提案されます。
秋平はこの提案に渋々、承諾をしました。
しかし、大会に出るためには人数がたりませんでした。

なんとか大会までに人数を集めることはできましたが、結果、大会では惨敗してしまいます。
大会終了後、その慰労会にて相撲部のOBから痛罵され、秋平は強く反発し「次は勝つ」と言い放ってしまい、相撲部を強くしようと模索するとさまを描いたストーリーです。

・その他主演映画

・日本のいちばん長い日… 1945年8月、戦争終結のために苦悩する昭和天皇役を演じる。

 

・ファンシイダンス
…本木雅弘の初主演映画です。ロックバンドでボーカルをつとめ、寺の跡取りでもある塩野陽平を演じる。

出典:www.youtube.com

出典:www.youtube.com

・GONIN
…暴力団事務所の金を強奪し、追われる5人組の一人。コールボーイに扮して金を巻き上げる三屋純一を演じる。

出典:ameblo.jp

出典:ameblo.jp

本木雅弘さんは今や世界的にも有名で、俳優として演技力がとても高い評価を受けています。
最新映画として、2015年の8月には「日本のいちばん長い日」という映画にて、昭和天皇役を演じるという大役も務めました。
誰もが出来る役ではないですが、本木雅弘という役者の味わい深さあってのものでしょう。
今後の活躍が、ますます楽しみな役者さんですね。

 - 日本人俳優