俳優DE映画検索

あの人はどんな映画に出演している?俳優別主演映画まとめサイト。

竹中直人主演映画

   

0419takenaka-naoto

竹中直人(たけなか なおと)氏は、俳優・声優・タレント・コメディアンと、マルチにこなせる真のエンターテイナーと言えるのではないでしょうか。
芸能界へは、テレビ芸能のオーディションでグランドチャンピオンとなり、今は亡き、横山やすしも絶賛するほどです。
バラエティ番組に多数出演していました。

映画では名脇役としても知られており、出演した映画も数多くあります。
しかし、1991年に漫画でお馴染みの無能の人を映画化するのあたり、奥山和由に才能を見出されて主演を務めると共に監督にも抜擢されるなど溢れる才能を発揮するようになったのです。
また、1996年、NHKの大河ドラマ「秀吉」で主演の豊臣秀吉を演じ、名実ともにトップの座に君臨するようになったのです。

・無能の人

0420

漫画を映画化したもので、主人公の漫画家「助川助三」を見事に演じたというよりも、はまり役だと言っても過言ではないと思います。
また、竹中直人の映画初監督の作品でもあるのです。
この作品は短編漫画をそのままに映画化したものですので、「石を売る」「無能の人」「鳥師」「探石行」「カメラを売る」「蒸発」の6部作になっています。

主人公の助川助三は、それなりに名の知れた漫画家でしたが、近年は仕事も減り、たまに仕事が入っても、芸術漫画家と称している手前、断り続け貧乏な日々を送っている。

妻のモモ子(風吹ジュン)からも漫画を描けとなじられるのですが、それでも漫画を描こうとしない。
それどころか、中古カメラ・古物商など色々な商売を試みるが、ことごとくはずれ、最後には河原の石も売るしまつ。
妻に愛想をつかされ、罵倒されてもやめなかった。

・連弾

0421

竹中直人、待望の第4回監督・主演作品で、家族の絆をテーマにした映画なのですが、単なる家族愛というものではなく、以前とは少し違ったところに焦点を当てているところが興味深い作品となっています。

主人公の佐々木正太郎(竹中直人)は、亡き父から譲り受けた借家により、専業主夫として家事全般をこなしている。
妻の美奈子(天海祐希)はゼネコンの設計課長として勤務している。

ある日、妻の奈美子の浮気が発覚。
夫婦喧嘩の堪えない佐々木家だが、今回ばかりは収まりがつかず、とうとう、親権争いにまで発展、必死の思い留めようとすえう娘の真理には、来るピアノ発表会で母とピアノを連弾したいという下心もあった。
専業主夫役の竹中直人にはぴったりのはまり役と言えると思います。

・竹中直人主演の監督作品、主演大河ドラマ

・サヨナラCOLOR(サヨナラカラー)… 2005年、竹中直人監督・主演の映画で医者役で出演、医者と高校の初恋相手の患者との甘くせつない恋の物語。

 

・山形スクリーム… 成海璃子出演のホラー調コメディ作品。監督兼・山崎田内左衛門/今ラブイズオーバー薔薇男役として出演。

 

・119(いちいちきゅう)
…1994年、竹中直人が監督兼・津田達哉役をつとめた作品。火事のない、海辺の町を舞台に、消防隊員達の日々を描いた映画。

0422

 

・秀吉(大河ドラマ)
…主人公・秀吉役を演じる。歴代の大河ドラマのなかでも高い視聴率を記録し、劇中の決め台詞「心配御無用!」はその年の流行語になった。

0423

 

俳優・タレント・司会・監督と何でもこなす竹中直人。
マルチに活躍できる数少ない俳優と言っても過言ではないと思います。
また、ドジな役から天才児まで見事にこなすのは彼しかいないと思いますし、助演でも素晴らしい演技を見せ、主演を引き立てることができる素晴らしい俳優だと思います。

 - 日本人俳優